テーマ:歴史

真に申し訳ありません。

 わざわざ、お越しいただき有難うございます。 寂れたブログを読んで下さり、有難いやら申しわけないやら。  そして、真に申し訳ありません。  「 柴舟 華胥 遊ぶ 小説 戦 国 」 等々で起こしの御方。 ググる等、検索で当サイトを探す行い、遠慮願います。  書き直しをしましたが、元が二次元の物であり、更に四年以上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今時

 晴天が続いたのですが、本日は雨。  昨日の写真です。 旗指物付の鎧兜な集団、目の保養でした。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヽ( ´_つ`)ノ 玄米茶!?

 ゲーム禁止を喰らっている私(時を忘れて没頭する)に変わり、同居人43が代理でBASARAをPS3でプレイ。 王道と、ヒットウを選んで早速開始してくれた。 南部さん領と最上さん領を手中に治めた模様ヽ(^。^)ノバンザイ。 無双プレイヤーなので、当初は慣れず戸惑っていた様だ。 しかし、なんだね…最上様の声と口調が特徴的過ぎて笑えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(*゚□゚)/ オイッス!!

 陛下が「だだちゃ」で貞山殿を連想してしまったのには、理由が…。 市販されている「ずんだ餅」等に、風味を増すためと、だだちゃ豆が使用されている場合が在るから。 個人的に『喜久福』の大福は半解凍が美味いと思う。 (スミマセン、写真は昨年のしか見つからなかった) たしかに庄内地方は、貞山殿と関わりが薄い。 天童氏は村山地方って感覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

=( ̄□ ̄;)⇒

 えー、今日のアニメ∩(´∀`)∩ワァイ♪ 幸村さんの随員って感じで、「小山田」さんが登場してましたね。 山/本勘/助と並ぶ知謀と知られた将なので、納得の行く四国への同行者です。 しかし、エンディングのキャスト見て吃驚しましたよ。 「小山田 信繁」って記載されてるけど、本当は「信有」か「信茂」が正しいのでは? 「信繁」では、御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦/国 アンジ/ェリーク

 コーエーさんが先頃に発表した「戦/国アンジェ/リーク」 友人からのメールで知り、遅ればせながら私も言いたい。 突っ込みどころ満載ですね( ゚3゚)ノッス! 織田アンジェリ/ク信長様。 魔王ならぬ女王が、天下統一と天の花園計画すんのかな。 ネオロマ的に、伊/達オス/カー様や、上杉クラ/ヴィス謙信様、真田ラン/ディ様と(´・ω・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマは三度

 目からの情報が欲しくて大河ドラマを見直していました。 うんうん、何度見ても(・ω・)bグッ!! 彼の吐血は良い、胸元がはだけてとっても(・ω・)bグッ!! パソコンに向かう気力が湧いてきたよ。 歴女を否定しながら、北条時宗が無性に見たくなった。 和泉元彌氏の母君(節子夫人)は半兵衛様の御子孫なのである。 しかし、残念な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶長五年

 慶長五年(1600年)関ヶ原の戦い。 長谷堂城合戦の前、九月十五日・上山城下(城主は里見氏)でも合戦が行われた…。 (カーナビでは中川地区表示、城跡もある様子ですが詳しく調べてないので申し訳ない) その両軍の死者を悼んでの塚です。  携帯ではコレが限界です(涙)  史実での長谷堂城合戦。 伊達勢は上杉軍とは交戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高畠ワイナリー

 昼食後のデザートも食べ、そろそろ土産物売り場を物色…。 試飲用のグラスを抱えて店内を放浪。  さくらんぼワインにラ・フランスのワイン…。 香りを楽しんだり「神/の/雫」ごっごで姪と盛り上がってしまった、痛い二人。 ジャムやおつまみ系、ワイン用の小物等を見て回る。   なんと (;´д`)ノワイン業界にも戦国ブーム到来の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀岡文殊

 ゴールデンウィークを避けて行って参りました。 日本三大文殊「亀岡文殊」へ姪の高校合格御礼に!! 本日は月曜日ですが、高体連の振り替えでお休みだったらしく、お誘いを受けたのですよ。 案の定、駐車場もですが境内はガラガラ。 ユックリ参拝出来て良かったです。  十六羅漢が座しているこの場所…。 消失してしまいましたが、貞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモるメモ

 最上義光/公の声優が、白鳥さんって方ですよね。 個人的にですが、非常に最上氏と縁ある名字の方だと感心しました。  仲の悪かった、最上義光と天童頼貞。 両家とも奥州探題・斯波氏の血縁なのですが(`´)諍いが絶えなかった。 分家と本家では括れない関係でして、双方の矜持とかが深くて難しい。 そんな両家の仲裁役を担った御方がいたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巷で話題の…

 巷で話題の「文体診断ロゴーン」。 入力した文章を解析し、文体の特徴を診断してくれるサイトです。 64名の著者を例にテキストの特徴で似た文体を探してくれる無料のサービス。 「文体診断ロゴーン」 アドレスは → (h)ttp://logoon.org/   底辺の文章書きな私です、これには興味を引かれて行いました。 ブログや日記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょいとメモ

 以前にも此所に記載してますが改めて。 宇和島松根家の始祖、松根備前守光廣について。 兄弟の遺児を引き取って養育した等の諸説がありますが…。 系図も両家に記録が然りしてるので、最上義光の子で出生は側室腹説を信じます。 最上家の改易後に松根光廣公は、宇和島伊達家に仕え明治維新まで代々家老職を勤めました。  松根備前守/光廣公の御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご無沙汰しております。

 ご無沙汰しております。 なにやら検索が騒がしいです。 (←ブログ上でのお話) つい先日まで一番多かった検索の単語は「殺/生関白」関係でした。 今週から一気に「原/田甲/斐(宗・輔)」や「樅ノ木~」と「寛/文/事/件」に関する単語が多い。 随分と昔に国営放送で大河ドラマになったケド、なんで今更…? そう思っていたら、民放でドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一寸したメモ

 竹中重門さん二十八歳の話を少し。 幼馴染であった黒田長政公の手引きで東軍へ付く。 合戦時には、長政公と共に東軍右縦隊の先鋒として戦い、石田軍の左側を衝いて破る。 関ヶ原の戦い翌日には、西軍の将であった小西行長公を捕え(実際に捉えた人は三輪林蔵って人らしい) 家康公の陣に身柄を送った事で喜ばれ、感謝状と行長所持の太刀を賜った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモるMemo

  図書館から借りた書籍を読んでいます。 「奥州探題・二本松城主 畠山氏累計」 自費出版物らしく(2001年に限定で発行/配布?)定価の表示がありません。 読み進めていくと、どうやら著者が畠山氏の縁者である記述。 なっーなんですと…(ノ゚⊿゚)ノハウッ! 「畠山氏」の家系、今に続いていたとは知りませんでした。 家系図を読むの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年は…

 大掃除にて書棚の整理、久しぶりにアノ現物と御体面。 日焼け防止の為、物凄く丁寧に仕舞い過ぎて驚かれるケド。 でも、その存在が本当に「お宝」だと個人的に思う代物だから、大切にしてます。 ん十年前の昔々、母上に強請って購入してもらた公式設定的(?)なガイド本。 私は小学校の低学年(?)で御座いましたよ。 母上は驚きつつも購入して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイブーム

 図書館にて宇和島関係を漁ってたけれど、目ぼしい書籍は見つかりませんでした。 地方の市立図書館ではアレ以外の本はナイみたい。 今回は片桐先生訳の「最上記」。 それと「うつろ舟」なる江戸時代の未確認飛行物体を綴ったミステリーな本を借りてきました。 触りだけで不思議系、昔も今も未知なる物には興味津々なのですな…。 借りてる書籍以外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の夜長にメモる

 秋の夜長は読書でございますよ。 ミステリーも好きですが、やっぱり歴史関係が大好きで飽きずに読んどります。 伊・達さん家へ繋がる記述が多いので、嬉しい読み物でした。  「最/上一族の事件簿」 大分古い書籍でしたが、借りて正解・満足してます♪ 庄内地方の戦国史や初代奥州探題。 永正の長谷堂城合戦についても詳しく説明がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇和島…!!

 個人的に宇和島伊・達家がマイブームです。 宇和島の松根家に伝わる「宇和島同姓受答状」。 ならびに本家松根家に伝わる問答集。 松根家の始祖が記録した「最上義光追書聞書之覚」の記録本が凄いのです。 図書館にて簡易的に纏めた書籍を発見!!  なんでも宇和島松根家の始祖である松根備前守光廣は、最上義・光の妾腹の子と称されているらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女心と秋の空~。

 祖母の納骨を行いました。 秋晴れの空の下、親族皆が集ってくれてよかった、よかった・・・。 中々、顔を合わせる機会ってないものですよね。 祖母の出身が長谷堂城周辺なので、親類も彼の地が多い。 法事の後で食事会を行ったのです。 席上での会話、大河ドラマの話に至った時に面白い現象が見れました。 リアルな最上氏擁護派とリアルに上杉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドボン!!

 連休中に家に帰省したのですよ。 敷地の池に蓮の花が咲いていて綺麗だった…。 幼少時に幾度も池の中に落ちた…な。 服着てるから重くって死ぬかと思ったよ!! 一緒に育ったハトコが策士でさぁー、何度もお池に落とされんですよね。 米沢城の堀の蓮は八月頃が見頃だったけど、家は今なんでした。 連休中に大変な賑わいでした長谷堂城、山城な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモするMemo

 自ら感動を忘れないうちにウェブに書き残しておくよー。 稲葉山城を乗っ取った際、重治様に従い活躍した「竹中十六騎」の事。 実際ってか本当に十六人が実在したんですね。 人質として斎藤家の稲葉山城内に居た、弟の重矩様を含めて!! ドラマ「功・名・が・辻」は、千代の出生が創作っぽかったから信じてなかったよー。 ス・ゴ・イ発見。 感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜日に購入。

 天気の良かった日曜日。 フラフラと散歩の途中で寄った、伝国の杜にて発見しました。 「おせんちゃん」のあまりの可愛さに即購入。 気難しい御顔が上手く表現されてて素敵ですな。 絵本では、主君の「かげっちさま」は、「かねたん」に御褒美としてコロッケをあげてた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目が充血

 誘惑に負けた。 意思が弱いから、欲望のまま目が充血するまでゲームした。 私生活たるんどる!! o┤*´Д`*├oヒ アァーッ~。 風林火山、究極奥義~♪ お米の一撃です。 某氏のブログに載ってた現物を拝見して喜びに沸く。 偶然ですな、私も持ってるざますよ。 「かねたん」万歳!! 先月末に発売したPCゲーム。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お前の握力では…

 小分けにしてアップする「かねたん」増幅の現場!! 体力的に未だちょっと難しいので、日曜に撮り溜めしたヤツを小分けに(苦) 後、二日位はネタ的に大丈夫な予感ー。  その名も 「かねたん肉球」 ↓ プニプニした感触がタマラン一品。  調子に乗ってフラフラと外出したら、熱を出しちゃった駄目な人。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も有難く…

 片/倉/宮/司様から葉書を頂戴致しました。 2ステップ踏み踏み♪嬉しすぎて拝みながらフォトフレームに収納。 過去二年分も含め、日焼け防止と日光遮断したお部屋に飾って居ります。 昨年頂戴した葉書。 この文面が素敵なんです「篠笛の美しい音色が~」ってね!! 一昨年(おととし) 拍手御礼用の短編「爪紅」の背景。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモするメモ

「伊達世次考」より、政/宗さんの宗祖父、稙宗さん世代の文章を抜粋です。 永正六年(1508)最上氏庶流である天童氏の一門、上山(天童)義房は伊達稙宗の攻撃を受け陥落。 伊達家臣、小簗川貞範が上山城へ入る。 永正十一年(1514)山形城主、斯波(最上)義定と伊達稙宗が長谷城にて戦う。 伊達氏が勝利し家臣の小簗川親朝を留め置き城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後ろ向き。

 先月開催された御祭での一場面。 当日は生憎の雨空のため中止となってしまった時代絵巻巡業。 近くで拝見いたしました、片/倉/宮/司と二十歳ぐらいの神主さんの後ろ姿です…。 正面に回り込む勇気はないチキン。 ええと~、若い神主さんは石巻からお手伝いにいらっしゃられた御方。 なぜに石巻市なのか? 親しく御付き合いさせてもらってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逝去時の寺号は「雄山寺」殿

本日なんとか無事にモノトーン調に改装が済みました。 正保三年の六月四日に安房守殿が亡くなられたので御座いますよ。 西暦だと、1646年7月16日ですがな。 逝去時の寺号は「雄山寺」ですが、品川殿の法号を避け、後に「大雄寺」殿と改称したらしい。 そんで、雄山殿の家臣は歌や踊りが好きだった~。 スズメ踊りだったと記憶しているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more